NEWS

株式会社UNITY ZEROを東京に設立

クロスボーダー・ブランディング事業、
次世代ファン・コミュニティ・プラットフォーム事業を開始

UNITY ZERO LIMITED(本社:香港、CEO:物延秀)は、クロスボーダー・コミュニケーション事業、次世代ファン・コミュニティ事業の提供を開始します。

事業開始の背景

日本の国内の需要は縮小傾向にあり、東京オリンピック景気が落ち着く2020年以降は、より厳しい経済状況になるとも予測されています。一方で、アジア諸国におけるGDPは著しく成長を遂げており、日本企業が中国を始めとするアジア諸国へ事業展開することは避けられなくなっています。しかしながら、これまで海外事業を展開してきた企業の多くは、撤退、縮小するなど、ビジネスを成功させている企業が少ないのが実態です。

その一因に、日本のカルチャーと海外のカルチャーを理解し、ブランドを各国市場に向けて再定義することで、効果的にコミュニケーション戦略を立案、各国を横断してビジネス構築できる会社が非常に少ないという事が挙げられます。

UNITY ZERO LIMITEDでは、このような背景から、国と国との垣根を超えたブランディングと、従来のファン・ビジネスに代わる次世代のコミュニティ・プラットフォームを提供するグローバル・コミュニケーション・カンパニーを設立するに至りました。各国のセレブリティ、メディア、クリエイターをコラボレーションし、中国を初めとするアジア各国に対してビジネス展開する日本企業をサポートしていきます。

創業者について

物延 秀
Chief Executive Officer & Founder

2006年博報堂グループのデジタルエージェンシー(広告会社)株式会社スパイスボックス入社。プロデューサーとして大手企業のデジタル・コミュニケーションをワンストップで支援し、2012年以降はソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコミュニケーションのプランニングとプロデュース、事業開発に従事。2016年に執行役員に就任し、コミュニケーション事業を統括。中期成長事業として海外事業、新規事業を推進。2017年、取締役副社長に就任。2018年、同社を退社後、UNITY ZERO LIMITED創業。著書に『新ヒットの方程式(宝島社)』。

周卉卉
Chief Creative Officer & Founder

10代で日本に渡り、マーチャンダイジング、ブランドコンサルティングを学んだ後、大手日本企業の中国事業戦略パートナーとして、ビジネスコンサルティング、ブランド開発に従事し、2013年に中国・上海「K POINT MANAGEMENT」を創業。マーケティングプランナー、クリエイティブディレクターとして、日本企業の中国進出におけるブランド戦略、コミュニケーション戦略を総合支援。 2018年、UNITY ZERO LIMITED創業。

以上


[ 会社概要 ]

会社名:UNITY ZERO LIMITED
代表者:物延 秀
所在地:Suites 1629A-30,16F , Ocean Center , Harbour City , Kowloon , Hong Kong
事業内容:
グローバルコミュニケーション事業・広告事業・PR事業・ファンコミュニティプラットフォーム事業

[ 本リリースの問い合わせ ]

メールアドレス:press@unityzero.com
電話番号:+852-2156-9698